2014/12/11

本日のおやつ☆わけありリンゴ


今日のおやつは、わけありリンゴと豆乳ほうじ茶ラテです。

生協の宅配パルシステムで買った「ふじりんご」は、傷やへこみがあるという事で4個¥298でした。傷ってこういう事だと思うけど・・
中身に影響ありませんでしたし、蜜たっぷりの立派なふじりんごなのに、これだけで出荷されずに破棄されてしまうそうです。


**


ほうじ茶も豆乳もパルシステムで購入しています。小鍋でコトコト煮出して、竹の茶こしで入れています。

いつもありがとうございます☆お帰りの際に押してもらえると嬉しいです。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ





スポンサーリンク




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


2014/08/30

代官山『かまわぬ』二十七周年記念


年に一度だけ代官山に行く楽しみがあります。目的は、手ぬぐいのお店「かまわぬ」です。

8月28日の開店記念日に指定の金額以上のお買い物すると、数量限定で記念手ぬぐいが貰えるからなのです。

その二十七周年記念手ぬぐいはコチラです。



今年の文様は、かつて江戸の町にあった風景を描いています。染められた手ぬぐい達が物干し竿でヒラヒラとはためいています。

うん、今年も素敵。行ってよかった。

毎年行ってるんですが、去年だけ行くのが翌日になってしまい記念手ぬぐいは終了してしまっていたのです・・。

今年は気合いを入れて朝9:30に家を出ました。そして開店してすぐに着くと、すでに店内はスゴイ人でした。レジ待ちの列に十数人は並んでいたと思います。

ゆっくり手ぬぐいを選ぶ余裕はないと感じたので、とりあえず会計待ちの列に並んで、並びながら選びました(´・_・`)


**



代官山、20代の頃は楽しくて1日中歩き回っていましたが、最近は用事が済んだらさっさと
ウチに帰りたくなります。
電車に乗る事も久しぶりで、駅の混雑などがすっかり苦手になっていました。

でも1件だけ前からお気に入りのカフェがあって、毎年かまわぬの後はそこでランチをするのがお約束です。代官山では老舗のカフェらしく、地下にあります。平日に行くことが多いからか、いつもあまり混んでいなくて、地下の薄暗い店内でひとり、手ぬぐいを眺める時間が好きです。

こうして書いていると、自分はやっぱりインドア派なんだと実感します…。

毎年、この記念手ぬぐいの時期は残暑が厳しいなぁと思いながら代官山の街を歩くのですが、今年はやっぱり変ですね。肌寒かった。

来年もまた行けたらいいなぁ。



いつもありがとうございます☆お帰りの際に押してもらえると嬉しいです。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ





スポンサーリンク




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


2014/08/15

モノの捨て方、思い出の残し方

断捨離ブームに乗って、色々なモノを捨てた時期がありました。今は捨てる事よりも、買う時に気をつけるようにしています。プラスチック製品は安くても買わないようにしたり、なるべく自然に還る素材を選ぶようにしたり。


それとはまた別に、誰にでも思い出があって捨てられないモノってあると思います。
私の場合は子供の頃、お盆に帰省した時に祖母に買ってもらった浴衣です。

今は九十歳を過ぎ、いろんな事を忘れていってしまっているけど、今でも変わらず大好きな祖母です。

近くに何屋さんだかよく分からない商店があって、何年も前の化粧品のポスターが貼ってあったのを覚えています。
なぜか子供用の浴衣も売っていて、お店のおばさんが祖母に「お孫さんに?いいわねぇ〜」なんて話していたのを覚えています。

その浴衣はプリント生地の安価なものですが、祖母は私の身長に合わせて、おはしょりを縫ってくれました。
それを着てお墓参りに行ったり、お祭りに行くことが本当に嬉しかったのです。

30歳過ぎても保管してあったのは、その思い出が捨てられなかったのと「自分の子供に着せられるかも」という思いもあったから。しかし現実は私には子供はおらず、今産んだとしても着せられるのは10年後くらい・・しかも女の子とは限らない。

かと言って、ただのゴミとしては出したくない。そこで昔の人がそうしていたように、着られなくなった着物は次の使い道として掃除用(ウエス)にする事にしました。





最初、浴衣にハサミを入れる時は勇気がいりましたが、その分この生地は少しもムダに使いたくないという思いになりました。

小さく切り刻んでちょっとした汚れをコレで拭くようにしています。子供用の生地ですが大量の端切れが生まれまして、ここ数ヶ月はティッシュペーパーの出番がありません。
以前はちょっと何かをこぼしただけでも何も考えずティッシュペーパーでしたが、それはスゴくもったいない事をしていた気がします。


**


それから、浴衣の端切れを小さな額縁に入れました。額縁と書くとカッコイイですが、実は「セリア」という100円ショップの手のひらサイズの写真立てです。



ヘアゴムにもしました。「くるみボタン作成キット」というのも100円ショップで売っているのですが、3分で完成してしまいます。これを着けていると、いつでも祖母と一緒な気がします。



どちらもお金はかかってないけど、他では買えないモノです。浴衣はなくなっても、思い出はなくならないみたいです。


いつもありがとうございます☆お帰りの際に押してもらえると嬉しいです。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ





スポンサーリンク




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...