2016/01/31

消えるまで使い切れるから、固形石鹸が好き


食器を洗う石鹸として、いつも参考にさせてもらっているブログのまねきさんが紹介していたリサイクル廃食油から生まれた石鹸『手作りせっけん』を買ってみました。

子供の頃、母が市役所から買ってくる、粉状の廃食油洗剤の汚れ落ちの良さを絶賛していたのを思い出しました。私がいま住んでいる近くでも、台所から出た油を回収している所があります。


サランラップで巻かれているのが手作りっぽい^^ そして大きい。


・固形石鹸に変えたキッカケ

3年程前に身の回りの洗剤類の見直しをして、なるべくシンプルな成分のモノに変えたり、そもそも使うのをやめたりしました。

その理由は1つではないのですが、キッカケの1つになった出来事がありました。

自転車でパート勤務を始めた頃、住宅街を流れる川からいつもシャンプーのようなニオイがしていた事でした。その川でカルガモの親子が暮らしているのを見たからです。




・石鹸と私の迷い

最近は、石鹸だから良いとか洗剤だから悪いとは思わなくなりました。石鹸には石鹸の問題があって、洗剤には洗剤の問題があるからです。

最後は海に流すという行為は変わらないから、少しでも汚さないように心がける気持ちを大事にしようと思っています。

ブログを書いていると、極論に走って自分を追い詰めて、続きが書けなくなってしまう事があります・・。そもそも川を汚す石鹸や洗剤を買わないようにする為に、料理で油を使わないようにすればいいのか?とか・・。

結局は、今の自分の知識の中で最善だと思う選択をしていく事しかできないんだよなぁ・・と、最近はそんな風に思っています。


・無駄が出ない固形石鹸が好き

コチラの石鹸は、それまで使っていた同じメーカーの『白雪の詩』です。


おろしたての四角い石鹸を使うときも気持ちいいですが、消えるまで使い切った時もまた気持ちいいものです^^

今回買った『手作りせっけん』はこれから使うので、使用感などは改めて書かせていただきます。


お帰りの際に押して頂けるとうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーリンク


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


2016/01/27

手帳は2月始まり 『和暦日々是好日』を使って、暮らしに旧暦を取り入れる。


手帳はいつも無印良品のいちばん薄いマンスリータイプを買っていました。

外出が少なく、曜日も時間も決まっているパート勤務の私のスケジュールは、冷蔵庫に貼ってあるカレンダーで事足りていたので、去年から手帳を買うのをやめました。

しかし先日、奥平亜美衣さんのブログで、2月始まりの『和暦日々是好日』というステキな手帳があるのを知って購入しました。

現在のグレゴリオ暦になる前は、立春に近い新月の日が元旦だったので、今年は2月8日から始まります。



数字が並んだ手帳しか知らなかった私は、この旧暦の手帳をAmazonで見て、すぐにカートへ入れました。毎日の月の満ち欠け・二十四節気・七十二侯・季寄せ等を見られる事が決め手でした。

今までの数百円の手帳に比べたら値段は高いですが、読み物としても値段以上の価値があると思っています。

また、私の場合はスケジュール管理用というより、ひとこと日記のように使って、その日の自分の思いと共に変わっていく季節を感じられるこの手帳は、意味のあるアイテムだと思ってます。

カバー付きタイプを選ぶと麻製のカバーが付いているようです。 
私はカバーなしを買ったのですが、自分の好きな布か紙かで作ろうと思ってます。


各ページの挿絵がまた素敵で、江戸〜明治初期の図版だそうです。コチラは見返しのカラー図で、他のページは白黒です。



**


この手帳は昔を懐かしむものではなくて、効率を追い求めた直線的な時間の使い方に疑問を持つ人たちが増えた今、本当の幸福感を味わうためのツールとして旧暦が再び活用できるのではないか、という思いで13年前から作られているそうです。

名前は「旧暦」だけど、自然の法則を前に古いも新しいもないんだなと思いました。



まだ使い始めていないのでちゃんと説明できないのですが、数字と予定だけの手帳を使っていた年よりも、心豊かに過ごせそうな予感がしてわくわくしています ♪

ちなみに、使っているボールペンはウィスキーの樽から作られたという、面白いボールペンです。木のぬくもりが心地いいです^^


お帰りの際に押して頂けるとうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーリンク


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


2016/01/23

今年の冬はダウンのように軽くて暖かいUNIQLOのウォームパデットコートを着ています。


今年の冬、私がメインで着ているアウターはユニクロキッズのウォームパデットコートです。そう、キッズアイテムを着ています。


幸いにも?私は幼児体型なので、UNIQLOのキッズサイズが着られます。160サイズまであるので、着られる女性も多いのではないでしょうか。実際、街でも着ている女性をよく見かけます。

キッズ用でも、ガールズ商品はウエストや腕周りがちゃんと細身に作られていところが素晴らしい。ボーイズ商品と比べたら違いがよくわかりました。

ダウンコートのように見えますが、東レが開発したウォームパデットという新素材が使われています。ポリエステルを極小のボール状にして、暖かい空気層を作るのだそうです。家で洗えるのも大きなポイント。

参考:日本経済新聞/ユニクロ、東レと子供服 家で洗える防寒着 

軽さや暖かさはダウン並みなのに、ダウンよりずっと低価格。私が買った時はセールで¥2900でした。


・2016年1月現在、私が持っている冬用のアウター

・ウォームパデットコート
・ウォームパデットパーカー
・メルトンウールコート(お出かけ用)
・ブラックのウールコート(冠婚葬祭用)

私の外出は近所がほとんどなので、ダントツで着るのはウォームパデットコート&ウォームパデットパーカーです。

去年の記事で、パート通勤用にポリエステルのプチプラコートを買ったと書いたのですが、ウォームパデットコートに出会って早くも手放すことにしました・・。
上手な買いものができずに反省。


・2016年はレディースにもウォームパデットが登場

去年まではウォームパデットを使用している商品はキッズ用しかなくて、こんなに軽くて暖かくてダウンよりも安く買えるのに、キッズ用しかないのは残念だなぁと思っていたところ、今年はレディース用も発売されていました^^嬉しいです。

ユニクロに問い合わせたところ、パデットと付くものは全てダウン不使用だそうです。来年は、ダウンの代わりとなる商品として需要が増えて、大人用の種類も増えるといいなぁと思っています。



キッズ用は色や柄など選択肢は少ないですが、たまに今回のように大人でも着られる商品に出会います。 ボタンやファスナーがプラスチックだったり、内側に名前や住所を書くタグが縫い付けてあるのが気にならなければオススメです 笑。ちなみに、フードに取り外せるフェイクファーが付いていたのですが、必要ないのでレジでお返ししました。


・動物に優しい新素材いろいろ

他にも、ダウンのように軽くて暖かい人工羽毛として「シンサレート」「プリマロフトなどが開発されていて、掛け布団に多く使われているようです。とても気になる。ヴィーガンの私は、こういう進歩や開発は嬉しく思います。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
お帰りの際に押して頂けるとうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


2016/01/13

小さな台所の小さな工夫、ステンレスのざるを蒸し器として使う。


旧ブログ時代に、10年以上前から使っている「ざる」が今でも大活躍しているという内容の記事を書いたのですが、その時に頂いた共感のコメントが嬉しかったので、改めて記事にさせて下さい。主婦は共感が好物です。

台所の最前線、シンクの上が指定席。


このざるが大活躍するようになったのは、持っていた片手鍋にちょうどピッタリ収まる事に気付いてからです。自分的には、この出会いはプチ奇跡だと思っています。


この片手鍋も10年以上前、ひとり暮らしを始める時にとりあえず揃えたもので、確か西友で買った気がします。まさかこんなに長いお付き合いになるとは思いませんでした。

野菜を洗う、お米をとぐといったこと以外に野菜を蒸す、冷やごはんを温める、ポップコーンの飛び出し防止などに使っています。たくさんは調理できませんが、今のこところ蒸し器というのは持っていません。

 竹の蒸籠で蒸したら美味しいしいだろうなぁと憧れているのですが、賃貸マンションの小さな台所にはまだ迎えられないのが現状です。専用のモノを持つ丁寧な暮らしや、持つモノと持たないモノの選択のバランスって難しいと思うときがあります。



**

                                                   
ポップコーンは、小腹が空いたときによく作っているおやつです。

数年前までスナック菓子コーナーにある大袋のポップコーンをよく買っていましたが、現在は種を買って食べたい時にポンポン作っています。
種なので場所を取らないし、自分の好きな味にできるし、何より作りたてのあつあつは美味しいです。


オリーブオイル+天然塩+乾燥バジル、ごま油+青のり、甘ーいキャラメル風味など・・。いつも映画館のにおいが家中に広がります^^


ポップコーンの種はNon-GMO(非遺伝子組み換え)でオーガニックのものをiHerb.com
で買っています。天然塩はヒマラヤンクリスタルのピンクソルトを使ってます。
(初回限定割引クーポンコード【PWM777】記入でお得に購入できます)



ざるの話からポップコーンをすすめる記事になってしまいました...。


**


ポンポン跳ねるポップコーンを見守るキジトラくん。
何てことない普通の台所の風景ですが、夕方でもない夜でもない窓の色が好きです。



いつもありがとうございます☆お帰りの際に押してもらえると嬉しいです。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ





スポンサーリンク




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


2016/01/09

伊賀焼の土鍋『かまどさん』がある生活、もう炊飯器には戻れない。


伊賀焼の土鍋、長谷園という会社の『かまどさん』とは3年半のお付き合いです。
ごはんは毎日この子で炊いていて、我が家にはなくてはならない存在です。

私が『かまどさん』から炊飯器に戻れなくなった理由を挙げてみます。




・ごはんが美味しすぎる

何を置いてもまずはこれで、土鍋で炊いたごはんはものすごく美味しいです。
でも、これが本来のごはんの味で、炊飯器など無かった時代の人のほうがずっと美味しいごはんを食べていたのかもしれないなぁと思いました。

コチラは白米+押麦のごはんです。



 ・時短

直火にかけている時間は10分あるかないか程度です。強火で一気に加熱して火を止め、その後の蒸らしに15分くらいかかりますが、それでも炊飯器時代より早く美味しいごはんにありつけます。


・長く使える

割ることさえしなければ何十年でも使える土鍋です。家電よりアナログなものを好む理由のひとつに、寿命や壊れた原因がわかりやすいというのがあります。「割れた」とか「折れた」とか目に見えるので諦めもつくのです。家電は、内部の構造に詳しくないので、電源が入らないとか動かないとかなると、なんかモヤっとします。


・愛着が湧いてくる

長く使っていると底が焦げ付いてきたり、ちょっとぶつけて欠けてきたりするのですが、不思議と最初の頃よりも、今の『かまどさん』の方がずっと好きなビジュアルです。こういう、いい味出てきたねーというのは炊飯器にはない気がします。


・鍋料理で食卓に笑顔が増える

『かまどさん』は炊飯に特化して作られた土鍋ですが、通常の土鍋としても使ってます。買った当時はごはん専用のつもりでしたが、これで鍋料理をやると夫がとても喜びます。

実はこれが一番、炊飯器には戻れない理由かもしれません。

おでん・ほうとう・ごまみそ鍋・・今年に入ってすでに数回鍋を囲みました。
夫は好きなお肉を、私は野菜をたくさん食べられる上、準備も後片付けも簡単なので、みんなが笑顔です^^



お帰りの際に押して頂けるとうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


2016/01/07

春の七草&手ぬぐい


▽『気音間』の春の七草柄の手ぬぐいがとてもかわいい





お帰りの際に押して頂けるとうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

スポンサーリンク


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


2016/01/01

お正月 2016


昨年は『小さく暮らす十二ヶ月』にお越しいただき本当にありがとうございました。

本年もどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m



元旦の東京は、気持ちよく晴れ渡りました^^今年は実家には集合せずに、近くの神社に初詣に行って、2人+2匹で静かに過ごしています。
ここ十数年、実家に集まらなかったお正月がなかったのでやっぱり寂しいです。

お正月のご挨拶ですが、ちょっとセンチメンタルな記事になる事をお許し下さい。

先月の祖母の四十九日の法要の時、いつもお盆とお正月の集まりを誰よりも楽しみにしていて、誰よりもはしゃいでいた父が「今度の正月は、お母さん(私の母)を休ませたいから、それぞれ勝手に過ごすように」と言った事で、今年の帰省は見送りました。

盆や正月のもてなし、祖母の介護、葬儀や法事・・パート勤務もしながら、ずっと動き回っていた母。
最近、父から母へのそんな気遣いの言葉をちょいちょい聞くようになって、驚く反面、嬉しくもあります。

実家に行かないお正月は寂しいけど、行ったら行ったで、いつものように畳の部屋から祖母が出て来ない事に泣いてしまうんだろうな。ボケていても、孫達が40前後になっても、お年玉だけは忘れなかった祖母は、いつも11月から準備しては毎日のように中身を確認していたそうです。だから、ぽち袋はいつもくしゃくしゃでした 笑。

**


お正月飾りやおせちはないので、お雑煮とあんこ餅で雰囲気だけ。
昨日の年越しそばの具材に、油揚げとしめじを足しただけの簡単なお雑煮です。
それにしても、あんこ餅の盛り付けが美しくないですねぇ・・。お餅を先に入れたのがいけなかった;



元旦のキジトラ兄弟。フミフミ・・グルグル・・通常営業中。



2016年もよろしくお願いします☆



いつもありがとうございます☆お帰りの際に押してもらえると嬉しいです。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ





スポンサーリンク


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...